ごあいさつ

 昔この地に泉が湧き出ていました。翼を傷めた鳥たちが、この水で傷を癒し元気に飛び立ったとか、二王三郎という刀匠がこの水を使って名刀を鍛えたなど、この泉を神水・霊水・宝水とした伝説は数多く言い伝えられています。
 私たち地元住民は、戦前ここが「八王子温泉」として繁盛していた思い出を呼び覚まし、平成4年から 本地地区街おこし組合を設立して、皆さんにこの水に親しんでいただこうと泉の再生整備にとりかかりました。また、この水の科学的な調査もおこないました。
 この泉は、現在「八王子よみがえりの水」として知られ県内外から多くの方々におこし頂いています。大自然の恵みの水は、人々の心を癒し身体をよみがえらせる美味しい水として知られ、利用者は年間14万人を超えさらに広がっています。私たち本地地区街おこし組合一同は、この 「よみがえりの水」をより多くの方々に利用していただき、人々の心と身体を癒す宝の水となってくれるよう願いながら活動しています。
  この水を大切に想い、マナーを守ってご利用頂いている多くの方々のご支援に心より感謝しています。
  本地地区街おこし組合
▼新着情報▼